電力自由化でPPSが台頭!安くてお得なPPS提供の電力が人気|Environment Improvement

新電力PPSって何?

新電力PPSとは、大手の電力会社とは異なり、自社で発電した電力を販売する新しい特定規模電気事業者を指しています。さまざまな会社が新電力事業へと参入することで、利用者の選択肢は大幅に増えてきています。これまで払ってきた電気代が高くてどうにかしたいと思っていた方は、電力自由化の波に乗り、新電力事業に参入している会社を選んでみるといいでしょう。ご家族向けのプランなどを打ち出している業者もあるようです。

電力自由化のメリット

  • 経済的な負担の軽減
  • 料金面以外でのサービスも充実している
  • 自身のライフスタイルに合わせて自由に選択できる
  • 電力会社を選ぶことで光熱費を削減できる
  • ガスと電気といったセットのプランを選択することも可能になる
  • 契約先によってはポイント還元なども受けられる
電卓と電球

電力会社が選べる

これまでは、ずっと自分が住んでいる地域にある電力会社を利用するしかありませんでしたが、今は違います。電力自由化がスタートしたことで、自分で電力会社を自由に選べるようになりました。もちろん、自分が住んでいる地域で契約できる必要はありますが、電力自由化のおかげで電気代を節約できた人もたくさんいます。昔からある電力会社ではなく、新しく参入してきた電力会社をPPSと呼んでいます。PPSに人気が出ているのはいろいろな業種が参入していることもあって、これまでにはなかったサービスを受けられることや電気代が安くなるからでしょう。少しでも家計を楽にすることができますので、多くの人が電力会社の乗り換えを行っています。

どんな特徴があるか

PPSの特徴は既存の電力会社と比べて電気代が安くなる可能性があることです。実は、自社で発電を行っていないことがほとんどで、他の発電を行っている電力会社から電気を買ってそれを個人客などに販売しています。自社で発電所を作る必要がありませんし、既存の電力網を使っていますので、コストがかからない分、電気代を安くしています。だから、電気代が安くなったからと言って停電が起こりやすくなるなどで品質が低下することはありません。

他業種からも参入

電力自由化したことで、様々な業種が参入したこともあって、いろいろなサービスを提供しています。他のサービスも一緒に利用することでより一層割り引いてくれたり、ポイントが貯まるなど業者によってサービス内容は全然違います。料金体系も違いがあるので、これまでの電力会社と同じように考えない方が良いかもしれません。よりお得なサービスを利用できる可能性があるので、たくさんの業者をよく比較してからどこのPPSにするかを考えましょう。