バイオガス発電ならエコとコスパの両立が可能|Environment Improvement

目次

資源を有効活用できる

再生エネルギーの中でも、安定した供給が期待できることから、バイオガス発電が注目されています。風力や太陽光をエネルギー源として使うシステムと異なり、バイオガス発電では生ゴミや家畜のふん尿から電気を作り出すことができます。あらかじめ確保しておけば、天候などに左右されることなくエネルギーを取り出せるのは大きな魅力です。環境に優しいのもエネルギー源として使う意味があると言えるでしょう。いわゆる化石燃料は地球環境への負荷が大きいとされています。その点、バイオガス発電は温室効果ガスを排出しません。環境のことを考えるならぜひ活用したいエネルギー源です。

安定して確保できるものを

生ゴミや家畜のふん尿という、本来なら捨てるものから発電できるのがバイオガス発電の特徴です。しかしそれらの廃棄物がなくなってしまうと発電できないだけに、安定して確保できるかどうかで選ぶことをおすすめします。例えば畜産農家であれば家畜のふん尿は常に確保できるはずなので、それらから発電できるシステムを導入します。工場などで汚泥の処理に困っている場合にも、汚泥をエネルギー源としたバイオガス発電があるのでそれを検討すると良いでしょう。

コスト回収も見据えて

新たに導入することになるだけに、どれぐらいの期間で元を取ることができるのかも検討しておきましょう。太陽光発電などは、10年以上使い続けるとプラスに転じると言われています。一方で10年も使うとトラブルや故障などで余計な費用も発生しかねません。バイオガス発電なら数年で初期投資額を回収できるシステムも販売されているので、できるだけ早くプラスになるものを選ぶのがおすすめです。